Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-braveheart/web/braveheart/blog/R/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/chicappa.jp-braveheart/web/braveheart/blog/R/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/chicappa.jp-braveheart/web/braveheart/blog/R/class/View.php:25) in /home/users/1/chicappa.jp-braveheart/web/braveheart/blog/R/class/View.php on line 81
 不思議な声の物語 by R::#1ムスタング8

Calendar
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

#1ムスタング8

「オ・ツ・カ・レッ!!グッジョブ、リル・シュウ!」

「サンキュ!ジェイク!…わっ、や、やめ…!!!!」


あ、ショー君食べられた…


「あ〜んまり、もみくちゃにすると、ショーンが団子になっちゃうでしょ!ハハハ!」

「そう言うなよミッキー!今日のボーイはサイコーだったぜ!チュ〜ウ!」

「も、もう!やっめってってば〜!」



うんうん、わかるよな〜その気持ち。俺の代わりにもっと抱きしめてやっておくれ、壊れない程度に、ク〜泣けるぜ。涙出ないけど…。



「ショー君、お客さんだよ!」

「え?だ、だれ〜?って、ジェイク!お・わ・り!」

「へ〜イ、村上〜。オレの楽しいひと時を〜邪魔するつもり〜か〜。」

「い、いや、その。はは、ジェイクさんの邪魔なんて、そんな恐ろしいこと…。ショー君のガールフレンドが来てるんですよ。」

「え?ぼくに?」

「ハ〜イ!リトル・シュウ!」

「ア、 アイリ〜ン!!来てくれたんだ〜!!!」

「まっね。戦友のライブじゃ、来ないわけにいかないでしょ!」

「あ、ありがと!一人で来たの?」

「うんん、ママとよ。」



え?この子は同級生なのは知ってたけど…ママって…



「お疲れ様です。」

「あ、あの〜、シュウのお葬式にいらしてた?」

「はい。夏木真弓といいます。」

「あれ?佐藤じゃなかったっけ?」

「事情があって、この子は父方の姓で、佐藤愛鈴を名乗ってるのよ。」

「え?アイリなの、ホントは?」

「違うわよ!ただ、日本の社会ってヤツに順応してやってるだけ!」

「もう、あんたは〜。ごめんなさいね、アタシとばっかりの生活だから、大人びた子になっちゃってて。」

「ううん。ぼくにはアイリーンだよ、戦友のね、へへへ。」

「ねえねえ、さっきのギター、もう一度見せてよ。」

「うん。じゃおいで。いいよねミッキー!」

「ママとお言い!気をつけてね!」



な〜んという偶然!へ〜、夏木さんて、子供いたんだ。しかもショーンと同級生とは。

ん?まてよ?バーで呑んだくれてたときの話しとか、、、、、しないよね。



「そういえば、うちのシュウとは、どこかのバーでお会いになってたとか?」


い、いきなりですか、トホホ。


「ええ。シックなカウンターバーです。ごくたま〜にお見かけする程度で。まさか、うちの子と同級生のお子さんがいらっしゃったなんて。」

「これを機会に、よろしくお願いしますね、子供共々。」


そんな格好で言うセリフかいな。


「ええ、もちろん。なんかうちの子も、ショーン君の話しをするときは、いっつも明るいんです。これも何かの縁ですね。こちらこそよろしくお願いします。」



ん〜、ま、いいか。別に悪さしてたわけじゃないし〜。のはずだ。



「村上〜!撤収したら、打ち上げ準備、よろしくな!」

「はい!…って、あんたも手伝ってくれよ〜。」

「なんか言ったか!?」

「い、いえ。…(さ、さすが地獄耳のタクヤ。心の声までは)」

「村上!言いたいことがあったら、直接言えよ!」

「は、はい!(汗)」



タクヤは、今の俺と同じ能力を持ってるんかいな?



「夏木さんですよね。自分、須藤卓也といいます。弱小ながら、ご同業ということで、以後お見知り起きを。」

「存じてます。バンドの育成は大変だと思いますが、良いバンドを育ててくださいね。」

「は、はい。もちろんです。知っていただいてて光栄です。打ち上げ参加で?」

「はい。今日はプライベートですから。」



「それでは、今日のライブの成功と、更なる発展を祝して、来週も皆さんが元気でありますように!カンパ〜イ!!!」

(カンパ〜イ!)
(カンパ〜イ!)
(カンパ〜イ!)
(カンパ〜イ!)
(カンパ〜イ!)



こういうときのタクヤは、一番輝いてるのだね〜。

は〜、俺もこの中にいたかったな〜。

いかん、いかん!意識が薄れると消えてしまう!そんな気がする今日この頃のエネルギー体のあたし…トホホ。



次回は、どういう展開かは、わたしにもわかりません。んじゃ!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ